クラウドマイグレーションで障害やBCP対策が可能

社内で運用する情報や管理システムにおいて、何よりも重要となるのが安定した運用です。システムの障害はその企業だけでなく、取引先企業や顧客も含めた多くの関係者に損害や機会損失を与える恐れもあります。
このためどの企業も社内システムの安定運用のため多くのリソースを割いています。

しかし一企業の力だけでは安定したシステム運用は難しい面も多く、強固な障害対策が特徴の1つでもあるクラウドへの移行、すなわちクラウドマイグレーションが最近はよく行われています。

朝日新聞デジタルのホームページをチェックしましょう。

クラウドマイグレーションはアプリケーションやプラットフォーム、インフラストラクチャといった社内システム全般を外部の事業者の提供するクラウドサービスに置き換えます。



クラウドサービスを提供する事業者は何れもデータセンターにサーバを置いており、非常に高い障害耐性を備えています。

冗長性の高い構成によって一部のサーバがダウンしても、別のサーバが予備として動いているためクラウドのシステムに影響が出ることがありません。利用するデータセンターそのものを2つ以上の地域に分けて設置しているのが一般的であり、地震などの災害に対しても強いという特徴があります。
またクラウドマイグレーションによって得られるのは障害耐性だけでなく、BCP対策にもなることで知られています。

クラウドマイグレーションの評判が高いです。

企業が安定した業務を遂行するための管理運営方針がBCPであり、仮に大規模災害などによって企業が大きな損害を受けても、クラウドマイグレーションによってシステムは保全されているため、すぐに事業を建てなおすことができます。